交通事故が起きた時の初期対応!怪我人の救護義務とは?

交通事故が起きた時の初期対応!怪我人の救護義務とは?

交通事故が発生すると、相手がケガをしてしまうケースもよくあります。その際、車の運転手としては相手を救護する義務があるのです。

ケガをして動けなくなっているような時は、助けるのが当然でしょう。まかり間違っても、その場から逃げるべきではありません。罪が重くなってしまいます。

基本的には3つの事を行うべきで、まずは安全を確保し、相手の状況も確認します。そして必要に応じて119番に電話する必要があります。

目次

事故が起きた時の運転手の救護方法

交通ルールによると、事故によって負傷してしまった時は、その事故に関わる運転手は救護しなければなりません。加害者も被害者も、運転手は救護する義務があるのです。

怪我の程度は関係ありません。相手が軽症でも、救護する必要があります。

では具体的に何をすれば良いかというと、少なくとも下記の3つの事を実行しなければなりません。

  • 停車する
  • 相手の状況を確認する
  • 必要なら救急車を呼ぶ

まず上記の1つ目ですが、とにかく車を停めます。しかも車が動かない状態にして、停める必要があります。しっかりサイドブレーキもかけて、車が動かないようにしておくのです。

2つ目ですが、怪我人がいるかどうかを確認します。その際、必ず声をかけます。声をかけた時に反応があった時は、引き続き声をかけて状況を確認していきます。

しかし声をかけても反応が無い時は、もし可能なら相手の車のドアを開けて、意識があるかどうかを確かめます。反応が無い時は、大きな声をかけつつ肩を軽く叩いてみます。

3点目ですが、相手の反応が無い時や負傷している時などは、すぐ救急車を呼びます。相手の意識が朦朧としている時も、救急車を呼んでおくべきです。そうでないと症状が悪化し、後遺症が生じてしまう可能性もあるでしょう。

加害者がケガをしている時の救護はどうすべきか

なお上記は、加害者本人が動ける時の救護方法になります。加害者も負傷している時は、まず助けを呼ぶのが第一です。もし可能なら、携帯などで救急車を呼ぶべきです。

ちなみに負傷している時は、無理して被害者を救護するべきではありません。自分の怪我が悪化してしまう可能性もあるので、助けを呼ぶのを優先すべきでしょう。

高速道路での救護方法

それと高速道路の事故の場合、うかつに外に出るべきではありません。二次被害が起きやすいからです。

まず一番最初にやるべきなのは、安全な所に車を停める事です。できるだけ路肩寄りに停めて、ハザードや発煙筒などを使用します。そして一般道と同じく、負傷者の状況を確認する事になりますが、やむを得ずに車の外に出ることもあります。その場合、道路側から車の外に出ずに、路肩側から出るべきです。

安全確保という初期対応とその具体的な方法

交通ルールによると、運転手には安全確保の義務もあります。救護するだけでなく、さらに危険な状況になるのを防ぐ義務もあるのです。

具体的にどうすれば良いかというと、下記のような行動を行う必要があります。

  • 怪我人が道に投げ出された時は、その人物を安全な場所に移動
  • 周りにいる人に助けを求めて、車は移動させる
  • 事故が起きている旨を周囲に知らせる

上記の3点目ですが、周囲に事故を伝える為には、下記のような物を使用します。

  • ハザードランプ
  • 発煙筒
  • 三角表示板

つまり事故の被害者を安全な場所に移動するだけでなく、事故が起きている事を周囲に伝える必要があるのです。

相手の怪我が重たい時の初期対応の方法

被害者が重症な時の初期対応

ところで交通事故の被害者は、重症になってしまうこともあります。その場合、運転手としては迷ってしまう事もあるでしょう。被害者の怪我が重たくなってしまうのも困りますし、身の安全も確保する必要があります。

どうすれば良いかというと、やはり被害者を安全な場所に移動すべきです。放置しておくと、別の車が来てしまう可能性もあるでしょう。ちなみに動かす時は、頭と首にだけ負担をかけないよう気をつけます。そしてゆっくり動かしてあげれば、基本的には問題ありません。

相手が重症の時に応急処置で初期対応

また運転手によっては、応急処置に関して迷ってしまう事もあります。下手に処置をしてしまうと、相手の症状が悪化する可能性もあるでしょう。

結論を申し上げると、応急処置すべきです。救急車が来る前に応急処置しておけば、相手の生存率が高まるからです。具体的には下記のように処置します。

  • 肩を叩いたり声をかけて、相手の呼吸や反応を確認。
  • 喉仏に指で触れて、脈拍があるかを確認。
  • 脈が無い時は、心臓マッサージを行う。胸の中央部分に手を置いて、肘を伸ばしながら垂直に押す。1分間に100回ぐらいの早さで、30回マッサージする。
  • できる限り、人工呼吸と心臓マッサージを交互に実行する。

交通事故の現場から逃げた時の罰則と同乗者の義務

交通事故で怖くなって逃げるとどうなるか

しかし、いざ交通事故が発生すると、上記のように行動できるとは限りません。運転手によっては、怖くなって逃げてしまう事がありますが、それだけは避けるべきです。

怖くなって逃げるのは、いわゆるひき逃げに該当するでしょう。ひき逃げ事故は、確実に罪が重くなるのです。10年以下の懲役や100万円以下の罰金になってしまう事もあります。救護義務を怠っていますし、罪は重くなるのです。

また免許点数にも加算されてしまいます。ひき逃げですと35点相当になりますから、3年ぐらい免許停止になってしまうでしょう。

最近の車には、ドライブレコーダーも設置されていることが多いです。ひき逃げの記録も残っているので、やはり逃げるべきではありません。

あわせて読みたい
人身事故や物損事故が起きた時の点数や罰金
人身事故や物損事故が起きた時の点数や罰金交通事故の加害者には、罰則があります。分かりやすい例はスピード違反やシートベルト着用義務違反などで、白バイなどに止められて切符を切られている光景を見かける事...

交通事故が起きた時に同乗していた人物はどうなるか

ところで加害者の車に乗っているのは、運転手1人だけとは限りません。誰かが同乗している事もありますが、実は同乗者にも義務があるのです。同じ車に乗っている人物にも、救護義務はあります。

ですから例えば、運転手の気持ちが動転している時に同乗者が指示を出すのも大切です。どうしても運転手が動かない時は、同乗者が行動する必要があります。

それと上述のひき逃げですが、それは同乗者も同じなのです。運転手と共に行動しているのですから、同乗者だけが逃げてしまう状況は考えづらいですが、あり得ない話ではありません。

もし逃げてしまうと、やはり罪を課せられてしまう可能性があります。被害者が訴えてきますと、検察官は同乗者も起訴すべきであると判断して、罰せられてしまう可能性があるのです。

ですから同乗者としても、運転手と同じく速やかに行動すべきです。決して事故現場から離れるべきではありません。救急車や警察などの車が来て、相手側の安全確認が取れるまでは、その場にとどまるべきなのです。

まとめ

交通事故が発生した時は、運転手としては車を安全な場所に停め、相手側の救護に努めるべきです。交通ルールでは、それが義務になっているからです。

状況が深刻な時は、もちろん救急車を呼ぶべきでしょう。同乗者にもその義務があります。

基本的には路肩などの安全な場所に被害者を移動させて、発煙筒などを使うべきです。事故が起きると動転してしまう事もありますが、決して逃げるべきではありません。罪が重くなります。

関連記事

コメント

コメントする

目次