NO IMAGE

交通事故に関して無料で相談できる窓口まとめ

交通事故が発生すると、色々な悩みが生じてきます。特に示談交渉やお金に関する悩みが多いです。

交通事故が発生すれば、保険会社との示談も必要です。保険会社は交渉に長けている事もあるので、苦戦してしまう事もあります。休業損害や治療費や慰謝料など、お金の悩みもあるでしょう。

交通事故に関して無料で相談できる窓口も色々あるのです。今回はその無料窓口についてまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

被害者ホットラインや行政などの色々な無料相談の窓口

法律事務所だけではない交通事故の無料窓口

無料で相談できる窓口と言えば、弁護士を思い浮かべる方も多いです。現に多くの法律事務所では、交通事故に関する専門的な相談も受付けています。無料相談が可能な事務所も多いです。

しかし相談できるのは、何も法律事務所だけではありません。下記のように、実に沢山の無料窓口があります。

  • 被害者ホットライン
  • 行政の相談所
  • 日弁連の相談センター
  • 紛争処理センター
  • ADRセンター
  • 交通事故110番
  • 警察

いずれの窓口も、無料で相談を受付けています。ただ各窓口には、それぞれ相談に関する条件があります。金額や裁判などの条件があり、誰でも相談できるとは限りませんから、注意が必要です。

交通事故の総合窓口になる被害者ホットライン

まず1つ目の被害者ホットラインですが、NPO法人が運営しているコールセンターになります。自動車事故対策機構という法人によって運営されているのですが、いわゆる総合窓口のような位置付けになります。

そもそも交通事故が発生した時は、どこに問い合わせすれば良いか迷ってしまうケースも多いです。窓口が沢山ありますから、問い合わせ先がよく分からない事もあるでしょう。

被害者ホットラインは、交通事故全般に関して総合的に相談できる窓口になります。総合案内のような窓口になるので、まず一番最初は被害者ホットラインに問い合わせしてみるのがおすすめです。

自治体の交通事故相談所という無料相談の窓口

また各地域の自治体の行政にも、交通事故相談所という窓口があるのです。

地域住民を対象にした交通事故の問い合わせ窓口であり、相談員が対応してくれます。どこに問い合わせすれば良いか分からない時でも、相談員が基礎知識などを教えてくれるのです。

基本的には、何らかの不安点が生じた時に問い合わせしてみると良いでしょう。自分の症状は後遺症として認定されるかどうか不安だったり、保険会社が治療費打ち切りの話を持ち出してきた時などは、相談所への問い合わせがおすすめです。

ただ1つ注意を要するのは、自治体で対応してくれるのは相談員であり、弁護士ではありません。法的アドバイスを求めるなら、また別の窓口に問い合わせする必要があります。

その他の無料の相談窓口

日弁連の相談センターという相談窓口

日弁連の相談センターは、その法的アドバイスを受ける事はできます。日弁連は、弁護士の団体だからです。無料相談も受ける事ができますし、示談の対応も行ってくれるのです。

ただ1つ注意を要するのは、話し合いが前提になる点です。裁判ではありません。基本的には示談交渉での解決を目指すのであり、争いが生じる可能性がある案件には、あまり向いていません。また損害額が少額な時の窓口であり、金額が大きい案件には向いていません。

紛争処理センターと相談の利用条件

また交通事故の紛争処理センターも、やはり法律相談や示談などの相談をする事ができます。
ただこの窓口の場合、後遺障害に関する争いは対象外になります。交通事故が起きると、後遺障害の等級に関する争いが生じる事もありますが、それは管轄外です。

また加害者が共済や保険に加入している事が前提になります。したがって加害者が保険に未加入の状態ですと、紛争処理センターでは相談できません。

保険に関する相談を受付けているそんぽADRセンターという無料窓口

そんぽADRセンターは、主に保険に関する相談を受付けています。自動車保険に関する相談を担当していますが、交通事故に関する相談も可能なのです。

交通事故で手続きを進めていくと、任意保険の会社との話し合いがまとまらないケースも多々あります。その際、両者が和解するよう働きかけてくれるのです。

任意保険の会社が費用支払いを渋っていたり、過失割合の数字が適正かどうか気になる時などは、相談してみると良いでしょう。ただし調停の段階に至っていたり、ケガの治療中で金額が確定していないような時などは、ADRセンターは利用できません。

後遺症と外傷に特化している交通事故110番という無料相談の窓口

NPO法人交通事故110番は、行政書士と医療コーディネーターが運営しています。

後遺障害や外傷に特化した相談窓口になります。
ですから例えば、自分の後遺障害の等級を知りたい時や、慰謝料の相場などを知りたい時に相談してみると良いでしょう。また後遺障害に関する専門家の意見を聞くこともできます。

人身切り替えの相談窓口になる警察

上述の警察は、主に人身切り替えの時に相談する事になります。物損事故は人身に切り替える事も可能なのですが、その事務手続きの受付け窓口は警察なのです。

また首が急に痛み出してきた時も、警察が相談窓口になります。事故直後は傷みがなかった事もあり、ひとまず物損事故と見なしていたものの、人身事故に切り替えるケースもよくあるのです。

交通事故に強い弁護士が担当してくれる手続きとそのメリット

弁護士事務所が行ってくれる交通事故の手続き

そして上記の他にも、弁護士事務所という窓口もあります。弁護士が行ってくれるのは、下記のような手続きです。

  • 示談の代行
  • 保険会社からの保険金を請求する
  • 後遺障害の認定手続き
  • 訴訟

これらの手続きを、被害者本人の代理として行ってくれるのです。交通事故に関する相談をする事もできます。

交通事故に強い弁護士のメリット

弁護士に相談するのは、色々なメリットがあります。

高めな等級での後遺障害で認定されやすくなりますし、保険会社との交渉を代行してくれるのです。保険会社との示談交渉は、かなり手間がかかります。保険会社は交通事故に慣れていて、被害者1人の交渉のハードルは非常に高いですが、弁護士はそれも代行してくれます。

また費用に関するメリットもあります。交通事故が起きれば、加害者に慰謝料も請求する事になりますが、その金額は高くなりやすいのです。というのも弁護士は色々な証言やデータなどを活用して、事故に関して実証してくれます。証拠を揃えて手続きを進めてくれるので、慰謝料も高くなりやすいのです。

ただし、なるべく交通事故に強い弁護士に依頼すると良いでしょう。弁護士は、それぞれ専門分野は異なるのです。

まとめ

ですから交通事故に関して相談できる窓口は、上記のように色々あります。

それぞれ金額や調停などの条件がありますから、相談できるかどうか確認した上で、問い合わせしてみると良いでしょう。どの窓口も料金は基本無料になります。

一番のおすすめは弁護士事務所です。交通事故に関して幅広く相談できますし、色々面倒な手続きを代行してくれるメリットは大きいです。慰謝料も高くなりやすいので、相談してみると良いでしょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!