交通事故が原因のむち打ち症の慰謝料相場とは

交通事故が原因のむち打ち症の慰謝料相場とは
目次

交通事故のむち打ちの慰謝料相場と言っても様々です

もし交通事故の被害者になってしまった場合は、どのように対応するべきなのでしょうか。

まずするべきことは、とにかく慌てないことです。事故に遭ったら警察を呼んで、交通事故証明書というのを作成してもらいます。それから実況見分調書という書類も作成されます。

もし車だけがダメージを受けた場合は物損事故になります。しかし被害者であるあなたがけがをした場合は、病院へ行って治療をしてもらいます。

診療科は整形外科で、必ず医師がいる病院へ行くようにしましょう。医師がいない整骨院、あるいは接骨院には検査ができません。そのためMRIなどの画像診断ができにくく、これが後々の慰謝料に影響してくることになります。

特にむち打ち症などの場合は、整骨院などに行きたくなりますが、あまり感心しません。必ず病院でむち打ち症と診断してもらい、しかるべき治療を受けましょう。

もし整骨院や接骨院に通いたい時は、医師の許可を貰って病院と併用するようにします。またこの場合の治療費は、保険会社に確認を取るようにしておきます。

なぜ病院へ行くことが奨励されるのかというと、後遺障害が残った時にその診断書を書いてもらえるからです。

後遺障害は症状によって基準となる期間が異なりますが、むち打ち症の場合は3ヶ月ほどです。その他骨折は半年、機能障害は数年が基準となることもあります。

この後遺障害の等級認定がどのくらいであるかが、慰謝料相場に大きく影響してきます。

その他に過失割合というのがあり、被害者に交通事故の責任がどの位あるかも問われて来ます。たとえば被害者が前方不注意であったとか、酒気帯び運転をしていたとか、スピード違反であったなどという時は、それだけ慰謝料が減額されてしまうこともあります。

慰謝料相場には、この過失割合もかなり影響するのです。

それからもう一つ、慰謝料相場を決定する要因があります。それはどの基準で算出するかです。基準にはまず自賠責基準、任意保険基準、そして弁護士・裁判基準があります。

自賠責基準は最低限の保障であり、慰謝料も安くなります。それより高額なのが任意保険基準ですが、弁護士・裁判基準はさらにその上を行きます。ですから多額の賠償をしてほしい時には、弁護士に依頼するのが一番いいのです。

何と言っても弁護士は法律のプロであり、法律や様々な判例と照らし合わせたうえで慰謝料を決めてくれます。

被害者の中には自分で示談交渉に臨む人もいますが、やはり素人ではなかなかうまく行かないとか、望むような慰謝料を貰えないということもあります。そのためにも、本当は弁護士に相談するのがいいのです。慰謝料の金額が高額であるのみならず、困った時にも相談することができるからです。

しかし弁護士をどのようにして探したらいいのか、わからないということもあるでしょう。この場合は弁護士会や法テラスに相談することもできますし、自分でネット検索などで探し、アポイントを取って相談するということも可能です。

交通事故専門弁護士でむち打ち症の慰謝料相場を上げる

弁護士はもちろん、交通事故に強い人に依頼するようにします。

弁護士の得意分野は様々ですので、相談の前にまずこの点を見きわめておきましょう。もしあなたがむち打ち症であった場合は、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料を請求することができます。ただし後遺障害慰謝料は、後遺障害があると認められた人に限られます。

むち打ち症の自覚症状としては、頭痛やめまい、しびれや耳鳴りに難聴といったものが挙げられます。交通事故後これらの症状が出た時は、とにかく早めに病院へ行くようにしましょう。

病院へ長期間、しかも週何度かの頻度で通えば慰謝料も高くなります。しかし通院中に相手方の保険会社から、打ち切りを命じられることもあります。このような時も弁護士または医師に相談するといいでしょう、そもそも治療費の打ち切りというのは、保険会社が支払いを抑えるのが目的ということが多いのですが、そこで通院をやめてはいけません。

打ち切られたら自費で治療を受けることになりますが、交通事故とむち打ち症が明らかに関係がある場合は、後で損害賠償として請求可能です。ところでむち打ち症の慰謝料相場ですが、まず自賠責基準で3ヶ月通院すると25万円、6ヶ月通院すると42万円となります。

任意保険基準の場合は3ヶ月で37万8000円で、大体38万円です。6ヶ月の場合は64万3000円です。そして慰謝料相場が最も高額な弁護士・裁判基準だと3ヶ月で53万円、6ヶ月で89万円です。おなじ慰謝料であっても、やはり弁護士・裁判基準ではかなり高額になることがわかります。

それから後遺障害にも同じことがいえます。局部に神経症状を残す14級の場合は、自賠責が32万円で任意保険が40万円ですが、弁護士・裁判基準の場合は110万円です。さらに神経症状が強い場合は12号となり、この場合も自賠責が93万円で任意保険が100万円なのに対し、弁護士・裁判基準は290万円にもなります。

ただしむち打ち症の場合は、後遺障害が認められないという例もあります。特に14号の認定の場合は、画像診断では異常が出ないことが多いためです。ですから後遺障害認定を受ける場合には、必ず通院しているとか、症状がそこそこ重いといった点も条件となって来ます。

それと事故直後からの症状が一貫していると、後遺障害を認めて貰いやすくなります。もし痛みの箇所が違って来たとか、最初は自由に動かせていた部分が動かせなくなったなどというのは、一貫性に欠けるとみなされて、認定が却下されることがあるの気をつけましょう。

慰謝料相場に不満がある場合は、調停または裁判という方法を採ることもできます。裁判は民事で行われ、相手の同意がなくても問題解決はできます。しかし裁判にまで行くとお金も時間もかかり、また必ず勝訴するとは限りません。

そのためにも、示談交渉をする場合はあせらず、必ず信頼のおける弁護士に依頼するようにしましょう。交通事故関連での相談は、通常無料になります。

関連記事

コメント

コメントする

目次