NO IMAGE

交通事故のむちうちは弁護士に相談する方が良いのか

交通事故でむちうちになってしまった時は、弁護士に相談してみる選択肢があります。相談する主な理由は、慰謝料です。

むちうちになってしまえば日常生活に支障が出てしまう事もありますし、治療費もかかります。ですから加害者に慰謝料を請求するケースが多いのですが、自力で手続きを行ってしまいますと、取れる慰謝料が少なくなってしまう傾向があります。

その点弁護士であれば、比較的多くの慰謝料を取れる傾向があります。面倒な手続きを代行してくれるメリットも大きいです。

むちうちに対する慰謝料と弁護士に相談するメリット

交通事故で車に衝突してしまえば、頚椎周りに大きなダメージが加わってしまい、むちうちになってしまうケースはよくあります。事故直後は痛みも伴いますし、整形外科などで治療を受けるケースが殆どです。ですから加害者に慰謝料も請求する訳ですが、そのお金は「基準」に左右されるのです。

3種類の基準がある慰謝料

交通事故に関する慰謝料には3種類の基準があって、自賠責基準と任意保険基準と弁護士基準があります。それぞれ慰謝料の数字も異なるのです。

例えばむちうちになってしまい、ある病院に3ヶ月は通院し続けたとします。むちうちで3ヶ月であれば、慰謝料は最低でも25万円台になる事が多いです。自賠責保険の基準では、最低それぐらいは支払う事になっているのです。

その際、任意保険に加入していればさらに高くなります。3ヶ月程度であれば、37万円台目安になります。

そして一番高いのは弁護士基準で、3ヶ月なら53万円目安になるのです。ただ自賠責や任意保険は少々安すぎるとも解釈できるので、弁護士基準は「適正な」数字であるとも言えます。

通院日数が長くなれば慰謝料も大きくなる

ただ3ヶ月という期間は、あくまでも一例です。実際にはそれより長くなるケースもありますが、慰謝料はさらに高くなるのです。例えば半年ぐらい通院した時は、自賠責基準なら50万円目安ですが、任意保険基準なら64万円目安になります。そして弁護士基準は89万円台です。

逆に通院期間が2ヶ月程度なら、自賠責基準は17万円目安ですし、弁護士基準は36万円目安になります。慰謝料は、通院期間との相関関係があるのです。

むちうちに関して弁護士に相談するメリット

以上のような数字を考慮すると、むちうちに関して弁護士に手続きを依頼する選択肢も浮上してくる訳です。何しろ通院期間が半年程度なら、実に39万円ぐらいの差が生じる事になります。

なぜ弁護士に依頼すれば慰謝料が高くなるかと言うと、裁判所の基準で交渉を行うからです。そもそも自賠責や任意保険は、やや慰謝料が低すぎます。むしろ裁判所の基準が妥当なのですが、弁護士はその基準に従って手続きを進めてくれるので、多くの慰謝料も取れる傾向があります。

ただ後述しますが、弁護士に依頼するのはデメリットもあります。報酬を支払う事になりますし、弁護士を選ぶ必要があるからです。

交通事故の加害者との交渉を代行してくれる弁護士

ところで慰謝料に関して請求するなら、基本的には加害者とは示談になります。いわゆる話し合いですが、大きな手間を感じている方も少なくありません。

むちうちで加害者と交渉する労力

むちうちに関する慰謝料を請求するなら、まずは相手と話し合いして金額を決める必要があります。ただ話し合いはスムーズに進むとは限らないのです。

もちろん加害者としても費用を節約したいと思っていますから、被害者にとっては少々不利な条件で交渉されてしまう可能性があります。本来であれば37万円ぐらいの慰謝料を取れる筈なのに、32万円ぐらいで交渉してくるケースもあるのです。相手と口論になれば、交渉も難航してしまいます。

そもそも加害者と交渉するのは、かなり手間がかかります。加害者も任意保険に加入している事も多いですし、交渉するのも大変です。

交通事故の交渉を代行してくれる

ところで弁護士という職業の方々は、その煩雑な交渉を代行してくれます。依頼主の味方に立って、有利な結果になるよう様々な手続きを代行してくれるのです。

弁護士は、交渉に関する専門知識があります。普段から多くの案件に関わっていますから、相手と交渉するのに慣れている方が多いです。自力で交渉するよりは、やはり弁護士に任せる方が良いでしょう。何と言っても、面倒な交渉を代行してくれるメリットは大きいです。

むちうちに関して弁護士に相談するデメリット

ですから弁護士に任せるのは色々なメリットがあります。ですが、メリットばかりではありません。弁護士には2つのデメリットもあるのです。

費用がかかってしまうデメリット

そもそも弁護士に依頼するのは、無料ではありません。確かに相談の料金自体は無料になっていますが、実際に交通事故の案件を依頼した時には、着手金を支払うケースも多いです。着手金は弁護士によって異なりますが、大抵10万円以上かかります。

そして報酬も支払う事になるのです。基本的にはパーセンテージで計算されます。例えば慰謝料を50万円取る事に成功し、報奨金は20%であるとします。この場合、弁護士には20%相当の10万円を支払う事になるのです。着手金無料の弁護士であれば、30%ぐらいになる事もあります。

費用がかかる以上、かえって損失になってしまう可能性もあるのです。ただし弁護士からは、必ず料金は詳しく説明してもらえます。

弁護士を選ぶのが大変

それと弁護士選びです。そもそも交通事故の案件を手がけている弁護士の人数は、非常に多いです。大勢の弁護士の中から、自分にとって最適と思われる人物を選ばなければなりません。

沢山の弁護士の中から選ぶのは、やや大変ではあります。多くの法律事務所に足を運んで、弁護士を選ばなければなりません。

むちうち治療の通院期間と専門分野というポイント

このため、むちうちで弁護士に相談するのであれば、通院期間が1つのポイントになります。通院期間があまり長くないのに弁護士に相談すると、費用倒れになってしまう可能性があります。逆に、通院期間が比較的長いのであれば、むしろ相談する方が良いでしょう。

また交通事故に強い弁護士であるかどうかも、軽視できません。弁護士は、それぞれ専門分野は異なります。離婚問題に強い弁護士もいれば、借金に強い弁護士もいます。もちろん交通事故が得意な弁護士を選ぶべきです。

まとめ

デメリットはあるものの、交通事故でむちうちになった時は、基本的には弁護士に依頼するのがおすすめです。

やはり弁護士基準で慰謝料を取れるメリットは大きいからです。示談を代行してくれるメリットもありますし、前向きに検討してみる価値はあります。ただ、やはり弁護士は慎重に選ぶ方が良いでしょう。

法律事務所の公式サイトなどを確認すると共に、無料相談で色々な弁護士と話をしてみるのがおすすめです。良い弁護士を選ぶ事ができれば、良い結果に結びつきやすいです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!