NO IMAGE

自転車と自動車の交通事故の気になる過失割合

交通事故は、自動車同士だけでなく自転車との衝突事故もあります。

実際、交通事故の判例などを確認してみると、自転車事故の実例も比較的多いのです。自転車と自動車ですと、基本的には自動車の方が過失割合は重たくなります。

自転車の方が、深刻な状況になりやすいからです。ですが何事も例外があります。たとえ自転車を運転していた時でも、過失割合は80%と決定される事も、実際あるのです。

交通ルールを守るのが大切です。

自転車と自動車の事故での過失割合

過失割合と支払われる慰謝料の関係

過失割合とは、過失の度合いを示す数字になります。基本的には%で表現され、その数字が大きいほど過失が重たいとされるのです。そして過失割合は、慰謝料にも大きく関わってきます。

自動車と自転車が衝突事故を起こした場合、自転車を運転した本人に後遺症が残ってしまうケースも多々あるのです。それで慰謝料が支払われるケースも多いですが、その金額も過失割合に左右されます。過失割合が大きいと大幅減額されてしまうので、注意が必要です。

例えば衝突事故によって、慰謝料は800万円であると決定されました。ですが被害者は、800万円を満額受け取れる訳ではありません。過失割合が20%であれば、20%分引かれてしまいますから、実際の支払い額は640万円になるのです。過失割合が40%であれば、480万円といった具合になります。

やや軽くなる傾向がある自転車の過失割合

それで自動車と自転車の場合は、たいてい自転車の方が過失割合は軽くなるのです。現に過去の実例を見てみますと、自転車の過失割合は30%以下になっている実例が目立ちます。

例えば過去には、2人乗り運転で自転車の過失割合が20%になった実例があるのです。2人乗りですから、やや過失は重たくなるように思われるかもしれませんが、実際の判決は20%でした。

他にも、一時停止の違反で過失割合が課せられた実例もあります。ある交差点での事故でしたが、本来は一時停止すべき場所で自転車が止まっていなかったのです。しかし自転車の運転手は児童でしたし、15%程度の過失割合になりました。

2人乗りや一時停止違反などの過失は、本来はもう少し重たくなるケースが多いです。しかし自転車ですと、過失割合の数字は比較的低くなる傾向があります。いわゆる弱者救済の理念に則って、自転車の過失は比較的軽くなる訳です。

赤信号で横断すると自転車の過失割合はどうなるか

赤信号で横断した時の自転車の過失割合

しかし自転車に乗っていたとしても、必ずしも30%以下になる訳ではありません。たとえ自転車でも、80%程度になる実例も実際あります。その理由の1つは信号です。

交通ルールによれば、赤信号の時に横断歩道を渡るべきではありません。信号無視になってしまいますから、どうしても過失は重たくなってしまいます。

そもそも自転車も歩行者も、青信号の時のみ横断するルールになっているのです。それで赤信号で渡ってしまえば、もちろんルール違反になるでしょう。過失割合が重たくなるのも当然です。

例えば、交差点で自動車と自転車が衝突した事故があるとします。自動車の運転手は、信号の色を守っていました。きちんと青信号の時に、交差点を横断しようとしていました。しかし自転車の運転手は、赤信号の時に横断していたのです。それで自転車の過失割合が重たくなってしまうのは、当然のことです。

自動車が青で自転車が赤の場合は、自転車側の過失割合は80%になる傾向があります。もしも自動車も赤信号であれば、自動車の過失割合は重たくなるでしょう。そこは、信号の状況次第です。

ちなみに、右折信号もほぼ同じです。右折信号は右向きの矢印で表現されますが、もちろんそれが青色になっていれば、自動車の運転手としては右折するでしょう。その際、自転車の信号が赤色になっていたとしても、やはり過失割合は80%になるのです。

基本的に赤信号の時に自転車が横断すれば、大抵80%になります。信号無視は、それぐらい過失割合が重たくなるのです。ですから自転車を運転する時は、信号の色に注意を払う必要があります。

信号の色が変わる時の過失割合は少々微妙

ただし、やや微妙な状況もあります。進行するタイミングでは青色だったものの、曲がる時には色が変化しているパターンもあるからです。

例えば自動車のドライバーは信号の色が青である事を確認し、車を動かしました。ただし自動車が移動している場所は交差点であり、右折する際には信号は赤色になっていたとします。

この場合、自転車の過失割合は80にならない事もあるのです。右折するタイミングで赤になっている以上、自動車のドライバーの過失はやや重たくなると見なされ、自転車は70%になった実例があります。
ですから赤信号であれば、必ずしも80になるとは断言できません。状況は多彩なのです。

ながら運転の過失割合と弁護士依頼の費用倒れ

ながら運転の過失割合はかなり重たい

ところで自転車の過失割合は、信号の色だけに左右される訳ではありません。自転車を運転していた本人の行動によっては、過失割合が更に重たくなってしまう事があります。

例えば、最近よく話題になっている「ながら運転」です。スマホを操作しながら自転車を運転する事だけは控えるべきです。
スマホを操作すれば、それに注意を取られてしまいます。実際スマホを操作しながら歩いている方の動きは、非常に読みづらいでしょう。どちらの方向に進みたいのか、よく分からない事もあります。

ですからスマホを操作しながら自転車を運転して状態は、とても危険です。その状態で交通事故が発生すると、過失割合は80%どころか90%を超えてしまう事もあります。

スマホ操作と言えば、通話も同様です。携帯電話で話しながら自転車を運転するのも、かなり過失割合は重たくなってしまうのです。いわゆる重過失に該当します。

スマホだけでなく、モバイルの音楽プレイヤーも同様です。iPhoneやポータブルのオーディオプレイヤーなどで音楽を聴きながら自転車を運転するのは、やはり重過失になってしまいます。イヤホンで大きな音を聴いていると、周囲の状況が分かりづらくなってしまうので、事故発生率も高まってしまうからです。

過失割合が重たいと弁護士に依頼する意味も無くなる

ちなみに重過失になりますと、弁護士に依頼する意味もなくなってしまいます。弁護士に依頼するなら、もちろん指定の料金を支払う事になるでしょう。

成功報酬などを支払う事になるのですが、上記のような過失割合になると、それこそ費用倒れになってしまいます。弁護士としても、費用倒れになる案件は引き受けないでしょう。自転車は、安全運転を心がけるべきなのです。

まとめ

自転車と自動車の事故であれば、基本的には自転車の方が過失割合は軽くなります。

弱者救済の考え方があるので、30%以下になる実例が多いです。注意すべきなのは、信号の色です。やはり赤信号の時に自転車で横断する事だけは、控えるべきです。

ながら運転も要注意です。スマホを操作しながら自転車を運転するような危ない行動は、やはり控えるべきでしょう。重過失になった時の損害は大きいので、安全第一で運転すべきです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!