NO IMAGE

交通事故を起こしやすい人と遭いやすい人の傾向

交通事故に遭いやすいかどうかは、人それぞれです。人によっては、交通事故を起こしやすい事もあるのです。性格が変わりやすい人物は、事故を起こしやすいとも言われています。

また交通事故は、年齢との相関関係もあります。若年者や高齢者は、比較的事故を起こしやすい傾向があります。

また交通事故の被害に遭いやすい人もいて、高齢者や若年者は要注意です。子供の事故も多いですし、交通ルールはよく教える必要があります。

事故を起こしやすい人の性格

人間の性格は人それぞれ異なりますが、下記のような方々は事故を起こしやすいと言われています。

  • カッとしてしまうと、感情を抑制するのが難しくなる
  • 極度に楽観的
  • 注意力散漫
  • 早合点する事が多い
  • 自分の運転技術を過信している
  • ストレスを受けやすい

総じて感情的な方や、集中力や注意力に欠けている方は、事故を起こしやすいと言われているのです。上記に心当たりがある方は、やや注意を要するでしょう。

それと自動車に乗った時に性格が急変する方も、事故を起こす確率が高いと言われています。普段は大人しい人物なのに、車に乗った途端に性格が大きく変わる方もたまにいるのです。

例えば横断歩道を高齢者がゆっくり歩いている時に、「早く渡れ」などと話している方や、信号待ちが連発すると舌打ちしているような人物です。普段はそのような様子を見せないのに、車に乗った途端に性格が急変する人もいるのです。

性格が急変する人物は事故を起こしやすい理由

なぜ上記のように性格が急変する人は高確率で事故を起こすかというと、責任感であると言われています。

車の中は、やや特殊な空間です。自分の部屋が確保されているようなプライベートな空間でもあり、外とも繋がっている空間になります。そのような場所では、やや責任感が薄くなりやすいと言われているのです。

車の運転手は匿名性のようなものを感じている事も多く、いわゆる「赤信号を皆で渡ってしまえば、怖いものは無い」に似た心理状態になってしまうのです。それで責任感も欠如しやすくなるのです。

それで上述のような性格が急変する人物は、情緒不安定になってしまう事があります。精神的に不安定な状態で運転すると、冷静に判断できなくなってしまい、事故が起きる確率が高まると言われているのです。

もちろん車を運転するのは、責任を伴います。上記の点に心当たりがあるなら、普段から意識して運転するのが望ましいです。

若年者と高齢者の交通事故のパターン

考え事をしていると事故を起こしやすい

ところで若年者の方々は、しばしば交通事故を起こしています。いわゆる24歳以下の方々です。

その若年者による交通事故の状況を確認してみると、下記のような傾向が見られます。

  • 漫然とした運転
  • 速度オーバー
  • 脇見をしている

若い人物は、たまに運転に集中できていない事があるのです。他の点に気を取られてしまい、集中力が欠如しているケースがあります。

例えば考え事などは要注意です。何か運転以外の事を考えていて、運転に対する意識が欠如してしまい、事故を起こしてしまうケースがよくあります。運転中は、やはり車の操縦に集中すべきでしょう。

脇見運転は事故を起こしやすい

そして速度も要注意です。若い人物は道の最高速度をオーバーして運転している事がありますが、もちろんそれは交通事故を引き起こしやすくなってしまうのです。

また、運転中はよそ見すべきではありません。普段あまり行かない場所を運転している時などは、つい風景を見てしまう事があります。それで脇見運転の状態になって、交通事故を引き起こすパターンがあります。

高齢者の交通事故でよくあるパターン

若年者だけではありません。高齢者の方々も、しばしば交通事故を起こしているのです。

高齢者は若年者とは少々状況が異なり、踏み間違いの事故が多発しています。ペダル操作する時は、細心の注意を払うべきでしょう。
そもそも車を運転するなら、もちろん足でペダルを踏む必要があります。アクセルは車を加速させ、ブレーキは停止させるでしょう。高齢者の場合、その2つのペダルを踏み間違えてしまうケースが多いのです。

それとハンドルの操縦ミスもあります。不適切にハンドルを回転させてしまい、事故を起こしているケースがあります。

高齢者と子供の交通事故の傾向とは

高齢者の交通事故とその傾向

逆に、交通事故に遭いやすい人もいます。やはり高齢者は要注意なのです。交通事故による死亡者数を確認してみますと、一定の傾向が見られます。死亡者の約55%前後は、高齢者というデータがあるのです。

どのような時に死亡事故が生じやすいかというと、主に下記の通りです。

歩行中の事故 約48%
自動車を運転中の事故 約28%
自転車に同乗中の事故 約17%

ですから高齢者は、歩いている時に交通事故に遭遇するケースが多い傾向があります。

高齢者の死亡率は高い傾向がある交通事故

ですから高齢者は死亡事故に遭いやすいですが、その主な理由は致死率です。他の年代層と比べると、車に衝突した時に死亡する確率が大変高いのです。

とりわけ死亡率が高いのは、横断歩道を渡っている時です。他の状況の時と比べると、やや無防備な状態になっていますから、事故で死亡する確率も高くなる傾向があります。とりわけ75歳を超えますと、死亡率が大幅に高まると言われています。

日本の高齢化も、上記のように55%になる原因の1つだと言われています。

子供の交通事故は自宅から半径1km以内で発生しやすい

ちなみに、子供もしばしば死亡事故の被害者になっています。ただ子供の死亡事故の場合、家から近い場所で事故が多発している傾向があります。

具体的には、家から半径1km圏内です。子供が普段通学している道にしても、家から半径1kmの場所で事故が多発している傾向があります。

このため両親としては、子供と一緒に登下校の安全確認をすべきでしょう。通学する際にどのようなルートで移動するかを確認しておけば、ある程度は事故を減らす事ができます。少なくとも、家から半径1km圏内の通学路の安全地帯は確認しておくべきです。

子供の場合は道に飛び出した時の交通事故が多い

それと子供の交通事故の場合は、車というより子供に過失があるパターンが目立ちます。その主な理由は飛び出しです。

裏路地などを走っていると、たまに細い道から人が飛び出してくる事があるでしょう。子供の場合、その飛び出しが比較的多いのです。
ということは子供が飛び出してしまうのを防ぐ事ができれば、交通事故も発生しづらくなるでしょう。そのためにも、普段から子供にはよく指導しておく必要があります。

少なくとも保護者としては、子供が飛び出さないよう指導するべきです。いくら指導しても、指導しすぎる事はありません。

まとめ

ですから感情をコントロールしづらい人物や、高齢者や若年者は交通事故を起こしやすい傾向はあります。

少なからず責任感や不注意によって交通事故が生じるケースが多いので、普段からよく注意を払って車を運転すべきでしょう。高齢者の場合は、やはり踏み間違いは要注意です。

アクセルとハンドルは、かなり慎重に操縦すべきです。そして子供の場合は道に飛び出してしまうケースが多いですから、よく指導しておく必要があります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!