交通事故の示談後に症状が悪化した場合やり直しは可能なのか?

2020 1/09
交通事故の示談後に症状が悪化した場合やり直しは可能なのか?

交通事故で負傷してしまった時は、必ずと言って良いほど交渉が行われます。

加害者と被害者が話し合いをして、賠償金などを決定します。いわゆる示談と呼ばれるものです。ただし被害者1人で交渉するのも大変ですから、基本的には任意保険の会社が代行しています。

ところが、たまに例外的なパターンがあるのです。一旦は示談が成立しても、たまにやむを得ない事情があります。その場合、裁判所の判断でやり直しできる可能性はあるのです。

目次

交通事故の示談と和解内容の変更可否

交通事故の示談とはどのようなものか

日常生活でも、話し合いは頻繁に行われています。二者が意見の交換などを行い、一定の結論に達することはあるでしょう。時には、それで支払い金額などが決定する事もあります。

それは交通事故も同じです。加害者と被害者が話し合いをして、一定の結論に達することはあるのです。負傷した場合は、やはり慰謝料や治療費などを話し合うことになります。

金銭問題も浮上してきますから、口論になるケースも多々あります。ただし口論を続けても決着が付かない時などは、ある程度の妥協ラインなどを決めて、最終的な金額を決める事もあるのです。いわゆる和解です。

あわせて読みたい
交通事故直後に示談交渉するリスクとデメリットしかない
交通事故直後に示談交渉するリスクとデメリットしかない交通事故が発生してからしばらく期間が経過すると、示談交渉が開始されます。しばらく治療を受け続けて、ある程度体調が良くなってきた時に示談交渉するケースが多いで...

交通事故の和解内容の修正は原則不可能

示談によって和解契約を結んだ時には、一定の効力は発揮されます。基本的にキャンセルは困難です。

契約書をイメージすると分かりやすいです。新車などを買う時には、お店から契約書も発行されるでしょう。もちろん契約書には、一定の効力があります。購入者がその書類に捺印すれば、契約書の効力が発揮されるようになるのです。

契約書に捺印する以上、基本的にはキャンセルは困難です。契約書の記載内容に同意している訳ですから、お店としてもキャンセルは難しいと言ってくる事はあります。ですから、捺印するかどうかは慎重に決めるべきでしょう。

全く同じ事は、交通事故の示談にも当てはまるのです。一旦は話し合いをして決着をつけた以上、原則としては同意した内容通りにする必要があります。一旦示談で100万円と決定された時は、後になって150万円などに変更する事は原則できません。

やや難しい表現ですが、和解の創設的効力などと言われる事もあります。「これ以上は争いません」という当事者同士の気持ちを尊重する為に、そのような効力が発揮されるのです。

示談内容を厳守する問題点と裁判所の判断

交通事故から1ヶ月後に症状が悪化した実例

交通事故には例外的なケースもあります。たまに症状が悪化する事もあるのです。現に過去には、予想外の症状が発生した実例があります。

ある方は交通事故で負傷してしまい、病院で手当てを受けました。診断結果は全治15ヶ月であり、本人も症状は比較的軽いと思い込んでいました。

そして被害者の方は、加害者と示談交渉してしまったのです。話し合いをした末に、結局は賠償金10万円で決着をつけました。被害者本人も、そのお金を一旦は受け取ったのです。

ところが事故が発生してから1ヶ月経過した途端に、実は重症である事が発覚しました。本人はもう一度手術を受けざるを得なくなり、左腕の関節に重大な後遺症が残ってしまったのです。ちなみに賠償金は77万円でした。

交通事故の示談を厳格に守ろうとする問題点

上記のような状況になった時に、頑なに示談内容を守ろうとするのは、また問題があります。確かに被害者本人は10万円を受け取っていて、示談内容も納得しています。しかし被害者本人の心情や被害などを考慮すると、契約内容を厳格に守るのは考えものとも言えます。ある意味、契約書の例外事項のような状況とも言えるのです。

そもそも交通事故の慰謝料は、被害者を救済する目的があります。それにもかかわらず、示談の内容だけを厳格に守ろうとするのは、やや趣旨に反するという考え方もあるのです。契約内容を守ることに固辞しますと、被害者にとっての不利益は大きすぎますから、救済できない状態になってしまいます。

裁判所が交通事故の例外パターンを認めているケースもある

確かに契約内容は、一定の効力を持つものではあります。ですが裁判所からすると、必ずしも契約内容にこだわるべきではないと判断しているケースもあるのです。

そもそも事故には、やはり例外的なパターンもあります。全てのルールには例外がある以上、裁判所としてもやり直しなどを認めている実例もあるのです。ですから示談の内容を変更したい時などは、裁判も検討してみる価値はあります。

示談後に賠償金の再請求の権利が認められた実例

交通事故での示談金の合理性

上記の10万円になった方はどうなったかというと、結局は77万円の請求権は認められました。ややイレギュラーなケースであると判断されたのです。ちなみに、裁判によって認められています。

10万円という金額で示談の決着を付けるのは、合理的とも言える一面はあるのです。病院も全治15ヶ月前後であると判断していますし、その時点での示談内容としては、ある意味で説得力はあります

交通事故の予想外の事態によって請求権が認められた

時間が経過すれば、話は違ってきます。

確かに1ヶ月が経過していない段階では、10万円で決着する選択肢はあります。しかし1ヶ月経過して重大な後遺症が出てきた場合は、また話は違うでしょう。

予想に反して後遺症が出てくるような時は、10万円という金額にこだわるのは、あまり妥当ではないと判断されました。予想外の状況になった時は、また柔軟に対応すべきと判断されたとも言えます。

結局は、被害者が77万円の賠償金を請求する権利は、失われませんでした。裁判所によって、正式に認められた形になります。

交通事故の示談のやり直しを弁護士に相談

裁判になれば、示談のやり直しが可能な事もあるのです。

もちろん、「必ず」やり直しが可能になるという意味ではありません。最終的な判断は、裁判所に委ねる事にはなります。しかし上述のような実例もある以上、やり直しは決して不可能でもないのです。上述の77万円のような状況になった時には、裁判も検討してみる価値はあります。

ですが、被害者1人で裁判に臨むのは少々困難な事が多いです。裁判に自力で勝つ事も不可能ではありませんが、ハードルはかなり高くなります。証拠などを提示して、被害の深刻さを実証しなければなりません。

やり直しを希望するなら、まずは弁護士に相談してみる方が良いでしょう。場合によっては、相手との再交渉にある可能性もありますが、弁護士はその交渉も代行してくれるのです。手間がかかる交渉は、やはり専門家に任せる方が無難です。

示談後に症状が悪化した場合のおさらい

確かに契約書などは、キャンセルや変更は原則困難でしょう。その書類に捺印した以上は、書かれている内容に同意した事になるからです。しかし交通事故では、突発的な症状が出てくる可能性は大いにあります。

大きな損害額になってしまうのは、被害者にとっての不利益が大きすぎるでしょう。やり直しは可能です。ただ、やはり被害者が自力で示談に臨むのは、余りおすすめできません。弁護士に相談するのがおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

コメント

コメントする

目次