NO IMAGE

裁判でのドライブレコーダーの証拠能力と主な注意点

近年、多くの車にはドライブレコーダーという機械が取り付けられています。主に車前方と後方の画像を記録してくれる機械なのですが、それは事故の証拠を取りたい時に活用する事もできるのです。

ドライブレコーダーにも色々なタイプがあるのですが、事故の証拠を提示できると共に、注意点もあります。基本的にその機械の活用法は弁護士に相談するのがおすすめですが、今回はそのドライブレコーダーの注意点などについてまとめました。

ドライブレコーダーという記録装置

ドライブレコーダーとはどのような機械なのか

ドライブレコーダーは、主に車の前方に取り付けられている記録装置です。いわゆるビデオカメラなのですが、車周辺の映像だけでなく下記のような情報も確認できます。

  • 時刻
  • 車の場所
  • 加速度
  • ブレーキの操作

基本的には車の前側の画像が保存されますが、レコーダーによっては後側も確認できるのです。双方の言い分が正しいかどうかを確認したい時は、とても便利です。

例えば交通事故では、よく過失割合が争点になります。赤信号か青信号かで言い争いになる事もありますが、もちろんドライブレコーダーには画像が保存されているので、信号の色も確認できるのです。

色々なドライブレコーダー

このレコーダーには、下記のように色々なタイプがあります。

  • 常時記録型
  • 衝撃感知型
  • 多機能型

上記の1つ目の常時記録型は、常に録画し続けてくれるのです。事故が発生していなくても録画し続けるのですが、それだけにデータの容量も大きくなる傾向はあります。しかしセンサーが作動しないというトラブルを避けられるメリットもあります。

常時記録型は、事故以外で活用する事もできるのです。車で旅行に行った時などの記念撮影で、レコーダーが活用される事もあります。

2つ目の衝撃感知型は、車に大きな衝撃が走った時のみ作動します。短時間だけ記録しますから、データの容量も小さくなるメリットがあります。かつて主流のタイプだっただけに、すでに多くの製品が発売されていて、低い価格で買えるレコーダーも多いです。

ただし作動してくれるかどうかは、衝撃の大きさに左右される傾向があります。あまり衝撃が大きくないと、レコーダーが作動してくれない事もあります。

そして3つ目の多機能型には、画像記録だけでなく色々な機能が備わっているのです。例えば下記のような機能です。

  • ワンセグ
  • レーダー探知
  • カーナビ

これらの機能が実装されているレコーダーを取り付けると、車内もすっきりする傾向があります。

カーナビとレコーダーを別々に取り付けますと、車内の機械の数も増えてしまいますが、多機能型ならレコーダー1つだけで済みます。

ドライブレコーダーの価格

ドライブレコーダーの値段はどれぐらいかというと、それも上記の種類次第です。

常時記録型ですと2万円台になる製品が多いですが、衝撃感知型なら1万円代の製品もあります。多機能型の製品であれば、3万円以上になる事もあります。

基本的には、高機能な製品は値段も高くなります。事故を記録したいだけなら、一番安い衝撃感知型がおすすめという声も多いです。

交通事故にも使う事ができるドライブレコーダー

記念撮影や安全意識などで活用されるドライブレコーダー

上述のドライブレコーダーには、色々な活用方法があります。後述の交通事故にも活用できるのですが、思い出を記録するために使う事もできるのです。旅先で記念撮影する為に、レコーダーが使われる事も多いです。

また安全意識を高めるためにレコーダーが設置されている事もあります。レコーダーがある以上、常に自分の運転は監視されているような状態になるのです。監視されている以上、運転手としては安全運転を心がけるようになるでしょう。

ドライブレコーダーで過失割合に関する画像を確認できる

そしてドライブレコーダーは、もちろん交通事故にも活用できます。

上記の信号に関する記録も残ってますし、とても便利です。

また車間距離や車線変更に関する証拠も残せるのです。過失割合について話し合う時などは、前方車両との距離や車線変更などが争点になる事があります。

レコーダーに保存されている画像を確認すれば、前側の車との距離が十分離れているか分かるでしょう。また前を走っていた車が車線変更してきたかどうかも、もちろん画像で確認する事ができます。

裁判にも使えるドライブレコーダー

ドライブレコーダーは、裁判で活用する事もできるのです。

そもそも交通事故が発生した後は、相手と裁判になる可能性はあります。各自がそれぞれ主張すると、なかなか話し合いがまとまらない事もあるでしょう。長期化しそうな時は、裁判で決着をつけに行く事もよくあるのです。

ただし裁判では、もちろん証拠がある方が有利です。画像が残っていれば、信号の色や車間距離などを確認できるでしょう。現に過去の裁判では、ドライブレコーダーの画像が活用された事もあります。

ちなみに、全ての情報が記録されている画像を渡すのが無難です。ドライブレコーダーには編集機能があるので、編集済みの状態で画像を渡してしまいますと、証拠の信憑性を疑われてしまう可能性があります。相手に反論されてしまう可能性があるので、修正を加えずに渡すと良いでしょう

ドライブレコーダーの画像提出と弁護士相談

ドライブレコーダーには不利な画像が記録されている可能性も

1つ注意を要するのは、ドライブレコーダーの画像を提出すべきかどうかは、やや微妙な一面があります。自分にとって不利な情報が保存されている可能性もあるからです。

例えば車間距離に関する情報です。ドライブレコーダーの画像を見てみたら、前方車との距離がかなり近いことが発覚するケースもあります。「距離が近すぎたので追突事故になった」と主張されてしまう可能性もあるでしょう。

そもそもドライブレコーダーには、事故検証に役立つ情報が保存されているとは限りません。レコーダーを見てみたら、あまり関係ない画像が保存されていたという話もよくあります。

ちなみにドライブレコーダーの画像を提出するかどうかは、本人が選ぶこともできます。自分にとって不利な画像が保存されているなら、むしろ提出しない方が良いこともあります。

ドライブレコーダーの画像を弁護士に渡してみる

ですから交通事故でドライブレコーダーの画像を活用できるかどうかは、やや微妙な一面もあります。果たして証拠として提出すべきか、迷ってしまう事もあるでしょう。

もしも迷った時は、交通事故に強い弁護士に相談してみる選択肢もあります。

幸いにも弁護士は、交通事故に関するアドバイスも行ってくれます。一旦は弁護士にドライブレコーダーの画像を渡して、判断してもらうと良いでしょう。専門家の力を借りる方が無難です。

まとめ

車周辺に関する情報が記録されているので、確かにドライブレコーダーは便利です。

信号の色や夜間距離を確認できるだけでなく、走行速度が分かるのも便利です。しかしレコーダーに保存された画像は、必ずしも自分に有利な証拠になるとは限りません。そもそも役立つ情報が記録されていない可能性もあります。

判断に困った時は、まず弁護士に相談してみると良いでしょう。一旦は弁護士にデータを渡しておくのが無難です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!