NO IMAGE

交通事故の治療に関する症状固定

交通事故の後に病院で治療を受け続けますと、回復するのは難しい段階に達する事があります。いわゆる症状固定です。

主に保険会社が、症状固定の話を持ち出してくる傾向があります。ですが費用負担や回復の問題もありますし、保険会社に判断を任せるのではなく、医療機関とよく相談するのが望ましいです。そうは言っても、保険会社と交渉するのは少々難しいと感じられる事もあるでしょう。その場合、弁護士への相談も検討してみる価値があります。

交通事故の症状固定の目的と日数

交通事故の後に治療を受け続ければ、だんだん回復してきます。交通事故の代表的な症状はむち打ちですが、それも状態は徐々に良くなってくるのです。

ある程度状態が良くなれば、「これ以上治療しても意味が無い」と判断される事があります。それが症状固定なのです。

交通事故の症状固定をする目的

実際、症状固定するのは意味はあるのです。そもそも治療は、長期的に続ければ良い訳でもありません。というのも治療が長期化してしまいますと、肝心の示談に進めなくなってしまうからです。

交通事故があれば、被害者と加害者との間で話し合いする事になるでしょう。いわゆる示談です。

ですが治療中の状態ですと、もちろん話し合いする事はできません。一旦は体調が落ち着いてから、示談の手続きに進む事になるのです。

症状固定の状態にすると、「これ以上は治療しても良くならない」と判断されますから、示談の手続きに進むことはできます。それは交通事故の法的手続きを短縮化できるのです。

また詳細は後述しますが、症状固定は保険会社にとってもメリットがあります。保険会社による医療費負担額を減らせるからです。

症状固定されるまで何日かかるか

ところで交通事故にあってから症状固定の状態になるのは、もちろん「即時」ではありません。例えば交通事故で負傷して入院した当日に症状固定するようなパターンは、ほぼあり得ないのです。あくまでも病状が良くなった段階で、固定する事になります。

では具体的に何日ぐらいで症状固定されるかというと、それこそケースバイケースです。そもそも交通事故に関する症状も、下記のように色々あります。

  • 骨折
  • 脳障害
  • むちうち
  • 醜状障害

上記の各症状は、それぞれ固定されるまでの日数は異なるのです。例えばむち打ちや醜状障害などは、大体半年ぐらいかかります。後者の障害は、状況によっては半年以上かかる事もあるのです。ですが骨折程度の症状なら、3ヶ月目安になります。そうかと思えば脳障害などは、1年以上かかる事が多いです。

ただし上記で挙げた日数は、あくまでも目安になります。実際には、もう少し長期化するケースもあるのです。症状が重たい時などは、やはり長期化する傾向はあります。

保険会社から提案される交通事故の症状固定

ところで治療を進めますと、保険会社から症状固定に関する話が出てくる事があります。そろそろ症状固定しませんかと言われるケースも多いです。しかも比較的早い段階で、症状固定の話が出てくる傾向があります。

保険会社から症状固定の話が出る理由

なぜ保険会社が症状固定の話をするかと言うと、費用負担の問題があるからです。そもそもケガを治療するのであれば、もちろん費用はかかります。その医療費は、基本的には保険会社が支払っているのです。

という事は、治療期間が長引くのは保険会社にとっては損になります。1日あたり1万円ぐらいの治療費がかかるのであれば、治療日数が半年程度ですと、180万円になるでしょう。

長期化すれば、保険会社としてはさらに多くの費用を負担しなければなりません。保険会社としては、それでは少々困るのです。そこで上記で触れたような3ヶ月目や半年目などのタイミングで、保険会社が固定の話を持ち出してくる事があります。

交通事故の症状固定を判断するのは医師

ところで症状固定すべきかどうかは、本来は保険会社が判断するのではありません。その判断を下せるのは、本来は医師なのです。

もちろん医師は、病状に関する色々な数字や情報を確認します。それで客観的に状況を把握した上で、固定すべきかどうかの判断を下すのです。

そして病院としては、実は長期化してくれる方が良い事もあります。短期で症状固定するよりは、病院の利益率が高まるケースもあるのです。

ですから保険会社から話を持ちかけられたからと言って、必ずしもそれに従う必要はありません。医師とよく相談した上で、固定するかどうかを決めると良いでしょう。自分の方から、「固定されるのはいつ頃になりそうでしょうか?」などと直接医師に質問してみるのがおすすめです。

交通事故の症状固定に関して弁護士に相談

なお症状固定は、交通事故に関する負担額にも大きく関わってきます。保険会社の言いなりになってしまうと、負担額が大きくなるケースもありますから、注意が必要です。状況に応じて、弁護士への相談も検討してみると良いでしょう。

なぜ症状固定について弁護士に相談すると良いか

保険会社としては、基本的には自社の利益を優先しています。症状固定の話を持ち出してくるのも、利益を追求しているからです。

保険会社の言いなりになると、後々の慰謝料が減少でしまうケースもあります。保険会社に全てを任せてしまうと、「保険基準」で慰謝料が決定されてしまう実例も多々あるのです。それでは、受け取れる慰謝料が減ってしまう傾向があります。

ですから保険会社から症状固定の話が持ちかけられた時は、慎重に対応すべきです。しかし交渉に慣れていないと、保険会社との話し合いで負けてしまう可能性があります。

その点弁護士に相談すれば、自分にとって有利な結果になるケースも多いです。保険会社との交渉は、基本的には弁護士に任せる方が無難です。

交通事故が得意な弁護士を選ぶ

ただし弁護士は慎重に選ぶべきです。そもそも弁護士は、それぞれ専門分野は異なります。交通事故に強い弁護士もいれば、離婚問題に強い法律事務所もありますし、借金が得意な事務所もあるのです。

症状固定に関して相談したいなら、やはり「交通事故に強い弁護士」を選ぶ方が良いでしょう。交通事故が得意な弁護士であれば、多くのノウハウが蓄積されていますから、交渉の成功率も高まる傾向があります。

交通事故による症状固定のまとめ

ちなみに症状固定しても、治療を続ける事はできます。しかし早期に症状固定してしまいますと、費用の負担額が増えてしまう傾向がありますし、あまりおすすめできません。医師や弁護士などと相談した上で、できる限り慎重に決定する方が良いでしょう。そもそも症状を固定するかどうかは、保険会社が決めるものではありません。あくまでも本人と医師が話し合いをした上で、最終的な判断を下す訳です。固定するよう交渉してきても、毅然と対応する方が良いでしょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!