NO IMAGE

交通事故での弁護士特約の主なメリットと注意点

多くの方々が加入している保険には、弁護士特約があります。

その特約には、なるべく早めに加入しておくべきです。特約に入っていると、弁護士への依頼費用が割引されるからです。割引されるといっても無制限ではなく、限度額は決まっています。また月100円ぐらい支払う事にはなります。

ですがたとえ100円かかっても弁護士に代行してもらえるメリットは大きいですし、賠償額も高まりやすいので、加入して方が良いでしょう。

交通事故に対する弁護士特約とその特長

交通事故の弁護士に依頼するメリットと依頼費用

交通事故で弁護士に相談するメリットは色々あって、例えば代行です。

交通事故の後には、加害者側と直接交渉するケースもあります。ただ交渉はスムーズに進むとは限りません。加害者も被害者も交通事故にあまり詳しくないので、時間がかかってしまうケースが多々あります。それ以上に、被害者にとって不利な状況になってしまう事も多いのです。しかし弁護士に依頼すれば、その交渉を代行してくれます。

そうかと思えば、賠償金に関するメリットもあります。自力で手続きを進めて賠償金を請求するよりも、弁護士に相談する方が賠償額は高くなりやすいのです。

上記の他にも、弁護士に依頼するメリットは色々あります。ただ問題は、弁護士への依頼費用です。弁護士は、無料で仕事を引き受けている訳ではありません。案件によっては数百万円ほど支払うケースもあります。その費用が気になって、弁護士に依頼するのを躊躇している方も多いです。

弁護士特約の限度額と利用率

ところで多くの保険商品には、弁護士特約があります。特約は、万が一弁護士に相談する時の補償です。ある意味、割引制度のようなサービスになります。

上述の通り、弁護士に依頼すれば費用は支払う事になるのですが、特約を利用すればその依頼費用が負担されるのです。つまり保険金がおりる形になります。

ただ注意すべきなのは、弁護士特約には限度額があります。たいていの保険商品では、限度額は最大300万円になります。金額無制限で支給される訳ではありませんから、注意が必要です。

この弁護士特約は、利用率の低さに特徴があります。多くの方々は特約に加入しているにもかかわらず、いざ交通事故が起きた時に使用されているケースが大変少ないのです。特約の加入率は60%ぐらいなのに、使用率は0.1%未満というデータもあります。

なぜ使用されないかというと、そもそも特約の存在自体を知らない方が多いからです。またメリットがよく分からないので使用されないケースも多いです。

弁護士特約の主なメリットとは

弁護士特約と費用倒れのメリット

弁護士特約には、下記のようなメリットがあります。

  • 費用倒れの心配が無用になる
  • 慰謝料などの増額
  • 交渉代行によるストレス軽減

まず上記の1点目ですが、弁護士に依頼する時の赤字を防止できるメリットがあります。そもそも弁護士に依頼すると、費用倒れになってしまう可能性もあるのです。

弁護士への依頼費用が200万円になり、慰謝料と示談金の合計が180万円になってしまえば、20万円の赤字になるでしょう。それでは弁護士に依頼する意味がありません。
しかし弁護士特約を活用すれば、その200万円分が支給されるのです。費用倒れを気にせずに依頼できるメリットは大きいです。

弁護士に依頼するメリットと特約による費用支給

上記の2点目ですが、弁護士には増額のメリットがあります。

慰謝料には3つの基準があって、自賠責と任意保険と弁護士です。自賠責基準で慰謝料の手続きを進めると、どうしても金額が安くなってしまいます。書類不備などが原因で、受け取れる金額が安くなってしまうケースはとても多いです。その点、弁護士に任せると慰謝料の金額も大きくなる傾向があります。自賠責と弁護士基準では、2倍近い差があるのです。

また弁護士に相談する方が、過失割合も適正な状態になりやすいです。後遺障害の等級も適正になりやすいです。
ただ弁護士基準が適用されると言っても、弁護士への依頼費用が気になる事もあるでしょう。だからこそ、弁護士特約を活用すべきなのです。

被害者のストレスが減るメリットがある弁護士特約

そして上記の3点目は、ある意味弁護士特約の最大のメリットです。

交通事故の後は、被害者は色々大変です。通院しなければなりませんし、相手側の保険会社とのやり取りもあります。やる事が沢山あるにもかかわらず、加害者側と示談交渉するのはとても大変です。被害者にとっては大きなストレスになってしまいかねません。

しかし特約があれば、依頼費用を気にせずに弁護士に相談できますし、加害者との交渉も代行してくれるのです。手間のかかる交渉を代行してくれるなら、被害者としては大変楽です。

交通事故の弁護士特約の主な注意点

交通事故の過失割合によっては使えない

上記のように様々なメリットがある弁護士特約ですが、注意点もあります。

例えば過失です。被害者側の過失割合が大きいと、弁護士特約を利用できないケースがあります。被害者側の故意の過失などがある時は、特約を使えない事もあります。

ただし過失割合が小さい時は、その限りではありません。もちろん過失ゼロなら問題なく使えますし、過失割合が2割程度でも弁護士特約を使えている実例もあるのです。

自動車保険でなくても弁護士特約がある事も

弁護士特約は、主に自動車保険に付いています。しかし保険商品は、何も自動車保険だけではありません。火災保険や医療保険など色々あるでしょう。火災保険にも、実は弁護士特約が付いている事もあるのです。

保険だけでなく、クレジットカードにも特約が付いている事があります。すでにカードを発行済みなら、特約も確認してみると良いでしょう。

特約を使って交通事故に強い弁護士を選ぶ

特約に加入していても、弁護士が制約される訳ではありません。自由に選ぶ事はできるのです。この点は、意外と誤解されている事が多いです。

特約に加入していると、相談できる弁護士は限られてしまうと思われているケースもあります。特約に加入していなければ3,000人の弁護士から選べるのに、加入していると1,000人に限られてしまうと思われている事もありますが、それは誤解です。たとえ加入していても、本人が弁護士を選べるのです。

ただ選ぶ際には、やはり交通事故に強い弁護士にする方が良いでしょう。あまり事故に詳しくない弁護士ですと、適切なアドバイスを受けられない可能性もあります。交通事故に特化している弁護士を選ぶと良いでしょう。

弁護士の過去実績などを確認して、力がある弁護士を選んでおくのが望ましいです。弁護士の話しやすさも軽視できません。

まとめ

交通事故で弁護士に相談するのは、確かに色々なメリットがあります。

手続きを代行してくれたり、賠償金が高くなるメリットは確かに大きいです。しかし弁護士に対する依頼費用が高ければ、やはり費用倒れも心配になってしまうでしょう。その点特約を使えば、その費用も負担される訳です。

せっかく費用が支給される訳ですから、活用しない手はありません。途中加入もできますし、検討してみると良いでしょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!