NO IMAGE

交通事故の示談金を獲得のための弁護士費用特約の活用

交通事故の示談交渉は弁護士費用特約で安心

「示談金」とか「示談」、「示談交渉」などという言葉は、ドラマとかテレビのニュースで耳にするくらいでそんなに深く意味を知らない人が多いのではないでしょうか。

小さいものでも交通事故に遭遇したことがある人は必ず「示談」、「示談交渉」を避けて通れなかったはずです。もし、不運にも交通事故の加害者、被害者になってしまったとしたら、あなたも「示談」と言う言葉に関わらざるを得ません。

最近は、「ながら運転」、「あおり運転」、「酒気帯び運転」などのニュースをテレビやスマホで目にしない日はないですよね。

自分が真面目に運転していたって交通事故被害者になる可能性は0にはなりません。

自分が突然被害者になったとき焦らないためにも、「示談」「示談交渉」についてよく理解して「示談金」をたくさん確実に受け取るようにしておくことは絶対必要です。

また、そのために弁護士選びが切っても切れない必須事項で、そのよりよい方法を知っておくことがやはり絶対必要なのです。そのことについてぜひ知ってほしいので書いてみたいと思います。

「示談交渉」について理解する

交通事故の被害者になってしまったら、病院に行ったり、もし亡くなってしまったら葬式を出したりするのに費用がかかりますよね。その時にかかった費用をもらうために加害者と話し合う、これが「示談交渉」です。

この「示談交渉」は「示談金」の支払いが保険会社経由でするという流れから、保険会社同士でやることになるのですが、任せきりにしていると、保険会社が良心的でない限り、いつの間にかもっと多くもらえるはずのるはずの「示談金」が少なくなってしまう場合があるということを恐れなくてはなりません。

また、自分が過失ゼロの被害者、俗に「もらい事故被害者」といいますが、この場合は保険会社に頼むことすらできず何と自分自身で「示談交渉」に臨まなければならないのです。相手の保険会社の方が当然法律の知識があるので不利な立場になってしまい「示談金」が少なくなってしまう場合があるのです。

示談交渉には弁護士が絶対必要

一つ事例を見てみましょう。

10歳のお子さんの母親Aさんの体験談

子どもがダンプカーにひかれて重体になってしまいました。救急車で病院に運ばれ入院、手術やらでもう必死でした。その間に加害者の保険会社からガンガン電話がかかってきて本当に気が狂いそうでした。とにかくこちらの保険会社は入らないということだけは理解できて、自分でやらなきゃならないことだけは分かりました。弁護士を頼みたかったのですが、経済的にも時間的にも余裕がなかったので、保険会社に言われるがままに示談書に捺印してしまいました。その後、子どもは回復し学校にも行けるようになりやっとほっとして、冷静になり保険会社に問合せたところ、捺印して以降の医療費は自費になると言われてショックで立ち直れませんでした。

この事例は、過失ゼロのケースですが、過失のあるなしに関わらず、「示談金」を確実にたくさんもらうためには、交通事故にあった早い段階で弁護士に頼むことが重要なのです。

示談交渉は示談書に著名捺印して終了になります。この後にかかった治療費などは自費で払わなければなりません。なので、確実に治療が終わってから示談を終了すべきなのですが、そのタイミングすら分からない人が多いでしょう。とにかく、交通事故にあったら早い段階で弁護士に間に入ってもらうべきなのです。

自分や保険会社で「示談交渉」をしていて、双方の意見が食い違い折り合いがつかなくなった場合は裁判になってしまいます。そうなったとしたら弁護士を頼まざる得ませんが、そうなる前に弁護士に間に入ってもらった方が、ややこしいことになりません。

「示談金」を多く受け取るためにも、絶対弁護士に間に入ってもらった方が安心です。治療の途中で後遺障害等級認定を受けるなんてケースは絶対これが言えます。先ほどの事例のように治療の途中はたいてい余裕がないものです。にもかかわらず、治療の途中で治療しても治らない後遺症が残るということが分かる場合もあります。これが後遺障害です。

これには等級があって、それに応じて110万円~2800万円までの金額を受け取ることが出来るのです。むちうちだって治らなければ対象になります。この手続きも弁護士に頼んだ方がスムーズで確実なのです。

弁護士費用特約に加入をすれば安心

治療費や葬式の費用などが発生しているなか、弁護士に払う費用なんか出せないと思っている片もいると思いますが、弁護士費用特約に加入していれば安心です。少額の保険料で入ることができますので必ず入ることをおすすめします。

弁護士費用特約で安心!交通事故の示談弁護士の選択

弁護士を頼みタイミングむ絶対に事故直後がベストです。まったく余裕がない時ではありますがすぐに弁護士を頼むことを肝に銘じておいてください。費用は弁護士費用特約に入っていれば安心です。

交通事故に遭遇することは誰も望んでいないですし、突然のことだと思います。その際に経済的には弁護士費用特約があると安心できても、いざどの弁護士に頼めばいいのか分からないと思います。その方法をいくつかあげておきたいと思います。

一つは、交通事故が得意な弁護士を選ぶということです。弁護士にも経験などから得意、不得意があるのでどの弁護士でもいいというわけには行きません。

インターネットのホームページなどで選ぶ場合は、解決事例によく目を通してください。自分と同じようなケースを解決したという事例があればベストな弁護士と考えて良いでしょう。

また、相談しやすいというのも大事です。事務所が勤務先や自宅から近い弁護士を選びましょう。病院に行ったり仕事に行ったりあたふたすることを想像してみればご理解いただけるでしょう。

土日に対応してもらえるかも大事です。平日夜間までせめて電話だけでも対応してもらえる所を選びたいものです。

仕事は平行してしなければならないわけですから、遅くまで相談できる事務所のほうが安心できますし、土日に相談できればなおさらいいです。

費用を明らかにしている事務所を選ぶようにした方が絶対に無難になります。

完全な後払いで、成果によって決まるところを選びましょう。交通事故の場合、損害賠償額が高額で、成果報酬が1%違うだけでも大きく違いますから。

交通事故に強い弁護士の見分け方

交通事故の示談交渉で示談金を多くもらうために重要なことの一つに、後遺障害認定をきちんと受けられるかということがあります。

むち打ちでさえも後遺障害が認定されるケースがあり、その場合示談金の受取額は各段に増えることになります。

弁護士が交通事故のケースを多くこなしている場合、必ず後遺障害認定について重要視しています。医学的な知識も豊富で細かく確認してくれる弁護士もいれば、むちうち等よくある特定の症状に飛びぬけて詳しい弁護士もいます。

そうでない弁護士だと、後遺障害認定についてはそんなに重要視することもなく、医師の書いた後遺障害診断書をそのまま使うケースがほとんどです。

この後遺障害認定について最初に質問してみれば、交通事故にきちんと対応できる弁護士なのか確実に判断することができます。

交通事故の相談でも弁護士事務所ならどこでも無料で対応してもらえるはずなので、手始めに後遺障害認定について質問してみるのも弁護士選びに失敗しない一つの方法に違いありません。

弁護士費用特約の活用まとめ

いかがでしたでしょうか。

今の日本では誰でも自分や自分の家族が交通事故被害者になるリスクを抱えています。その日が来た時に冷静に対処できるように事前にどうしたらいいのか知っておくことはとても大事です。

交通事故に逢ってしまったことをいつも想定して、それに備えておくための知識は誰にでも必要です。

交通事故に逢った時に必ず通らなければならない「示談交渉」。自分自身や保険会社任せではもらえる「示談金」ももらえない可能性があります。そのために事故にあったらすぐに弁護士にヘルプすることが大事だということ。そのメリットを見てきました。そして、交通事故にきちんと対処してくれる弁護士を選ぶ方法もみてきました。

もし、不運にも自分や自分の家族が交通事故被害者になってしまったら、とにかく弁護士に頼ることを心得ておくべきです。そのために、少しのお金を弁護士費用特約加入のために毎月支払うのは人生にとって欠かせない得策です。

たら、とにかく弁護士に頼ることを心得ておくべきです。そのために、少しのお金を弁護士費用特約加入のために毎月支払うのは人生にとって欠かせない得策です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!