交通事故に遭った場合に弁護士に依頼するべき理由とは

交通事故に遭った場合に弁護士に依頼するべき理由とは
目次

交通事故被害は弁護士依頼で賠償金を高額に

交通事故に遭った場合は、加害者に賠償金を請求できるのはご存知でしょう。

しかし一口に賠償金と言っても、いくつかの種類に分かれています。

まず被害者が受け取る賠償金についてですが、これには入院や通院のためのお金や、さらに後遺障害が出た場合のお金も含まれます。

さらに被害者が死亡した場合の賠償金もあり、いずれも入院や通院の期間、さらには等級によっても違って来ます。

等級というのは、後遺障害が出た場合の傷害のレベルのことです。さらにこの賠償金の算出基準として、自賠責基準、任意保険基準そして弁護士基準の3つがあります。

自賠責基準と言うのは、自賠責保険で支払う賠償金のことで、最低限の保障であるため金額が最も低くなります。

任意保険基準というのは、任意保険会社が示談交渉をして賠償金の金額を決めるものです。この場合は自賠責保険よりは金額は高くなります。しかし賠償金を高額にするのであれば、一番お勧めなのは弁護士基準です。

弁護士や裁判所によって採用される基準のことで、この3つの中では最も高額の賠償金を受け取ることができます。

元々交通事故で被害に遭った場合は、示談交渉をするケースが多いです。交通事故のけがの治療が終わって後遺障害が確定した後、加害者と交渉をして賠償金の額を決めることになりますが、その一連の交渉を示談交渉と呼んでいます。しかしこの場合、相手が早く示談交渉をしてすべてを終わらせようとすると、被害を受けた側には不本意な結果ともなりかねません。

一旦示談書に署名捺印してしまうと、後からの変更が効かなくなってしまいます。特にまだ治療中であるのに、先方の保険会社の方から、早めに治療を終わらせて交渉をしたいと持ちかけて来ることもあります。しかしそのようなことをすると、後遺障害の認定もままならなくなることがあります。

とりわけ保険会社はビジネスであり、賠償金を安く抑えようとして手を打とうとすることがあります。しかしそのような事態になると、被害者側の不利益になります。それを避けるため、賠償金を多く受け取るためにも、相手方の言い分通りには動かないようにしましょう。

それから賠償金のためには、後遺障害の認定請求のみならず、本人の過失割合についても把握しておくようにします。この過失割合が小さいほど、受け取れる慰謝料は多くなります。しかし後遺障害の認定請求や、過失割合のことなどは法律のプロでないと難しい一面もあります。

あわせて読みたい
交通事故で弁護士に相談する8つのタイミングとは
交通事故で弁護士に相談する8つのタイミングとは交通事故で悩んでいる方は、よく弁護士に相談しています。示談交渉も代行してくれますし、事故に関するアドバイスを受ける事もできるので、弁護士に相談するメリットは...

こういう時は、やはり交通事故に詳しい弁護士に依頼しておくのがいいでしょう。依頼することで、弁護士基準で慰謝料を算出してくれますので、より多くの賠償金を受け取れるようになります。

もし示談が必要になった時は、無理して自分だけで対応しようとせずに、法律のプロに依頼して万事をゆだねるのがお勧めです。また交通事故には人身事故だけでなく、物損事故というのもあります。

たとえば車に大きなダメージを与えられた場合は、修理が終わった時点で示談交渉を開始するようにします。この場合は物損だけですので、たとえば後遺障害などはありません。そのため比較的スムーズにことが運ぶ場合があります。

示談の為にも交通事故に強い弁護士に依頼を

それでは交通事故に遭った場合は、どのタイミングで弁護士を選ぶのがいいのでしょうか。

できれば交通事故直後といった早いタイミングで依頼して、いつでも相談できる状態にしておくようにします。

しかし場合によっては、重傷を負って自分で動けない場合もあります。そのような時は家族や友人に頼むという方法もありますし、ある程度治ってから弁護士に頼むことも可能です。

そして、どのタイミングで頼むかも覚えておくようにしましょう。たとえば相手方、つまり加害者側の保険会社の対応が悪いとか、連絡がない時、治療費を打ち切ろうとする時などは、アドバイスを受けるようにします。

治療費の打ち切りということになれば、被害を受けた側もプレッシャーを感じ、相手方の言う示談に応じてしまうことになります。しかしそれはやらない方がいいでしょう。

示談に応じる前に、まず症状固定と後遺障害の認定という、示談交渉をするうえで避けられない手続きをするのが筋だからです。ですから相手の思惑通りに動いてはいけません。そしてこのような場合、弁護士が中に入ることで相手の態度も変わってくることがありますし、もちろん賠償金の金額も高くなります。

もし相手が無保険だった時も、依頼しておけばスムーズにことが運びます。そして相手も弁護士をつけた時や、裁判に持ち込んだ時のことを考えれば、なおさらのこと弁護士はつけておくべきでしょう。

しかし交通事故に強い事務所を選ぶには、どのようにして選ぶのがいいのでしょうか。

まずネットから検索して、家から近いとか、費用が明記されている事務所、土日でも相談を受け付けてくれる事務所などがやはりいいでしょう。

その他にもけがの治療をしてくれた医師の推薦とか、弁護士会や法テラスの紹介で依頼するという方法もあります。また大規模な事務所か、地元の個人の事務所かのどちらかで迷うこともあるでしょう。

前者は電話または郵送で連絡が取れ、難しい案件でも手早く処理してもらうことが可能です。しかしその反面、自分の話をじっくり聞いてほしい人は不満に思うかもしれません。

個人の事務所はその点きちんと話を聞いてくれますし、共感もしてくれます。

しかし個人の事務所なので、大手に比べると効率がよくなかったり、報酬が高くついたりもします。どちらも一長一短なので、その点をよく比較してから依頼するようにしましょう。

それから一番の目安として、後遺障害の認定をきちんとサポートしてくれるかどうかがあります。

これを重視する事務所は、まず安心してまかせられると考えていいでしょう。交通事故の場合は、多くの事務所は無料相談を受けてくれるようになっています。

その時に後遺障害のことを相談し、それによって事務所を決めるという方法もあります。交通事故は誰にでも起こりうるものですので、いざという時に慌てないためにも、相手の示談交渉だけに乗るのではなく、しかるべし弁護士事務所に依頼したうえでアドバイスを受けるようにしましょう。

関連記事

コメント

コメントする

目次