依頼している弁護士では不安な時に変更する流れ

依頼している弁護士では不安な時に変更する流れ

交通事故で多くの方々が相談している弁護士は、必ずしも対応が良いとは限りません。弁護士の当たり外れはあるのです。ですが幸いにも、弁護士は変更する事もできます。

数点の注意点はありますが、状況に応じて変更手続きも検討してみると良いでしょう。

基本的には、弁護士事務所とは解任と受任の進める必要があります。弁護士同士の引き継ぎも必要なのですが、セカンドオピニオンという手段もあるのです。

目次

依頼している弁護士では不安なので変更する

弁護士が交通事故にあまり詳しくない

確かに弁護士に依頼するのは、色々なメリットがあります。示談交渉を代行してくれたり、賠償金などが増額される傾向があります。たとえ費用がかかっても、弁護士に依頼する価値は大いにあるのです。

ですが弁護士は、必ずしも良い仕事をしてくれると限りません。専門性の問題が浮上する事もあります。弁護士は、それぞれ得意分野は異なるのです。交通事故や借金や離婚問題など、色々な専門性があります。

交通事故にあまり詳しくない弁護士ですと、良い仕事をしてくれない事があります。そのまま弁護士に任せていても、良い結果に結びつくとは限りません。

弁護士との連絡や相性に関する悩み

また弁護士によっては、なかなか連絡が来ない事があります。もちろん弁護士は示談交渉は行ってくれるのですが、その進捗状況が分からない事もあるのです。現在の状況が分からなければ、依頼主としては不安になってしまうでしょう。

それと弁護士との相性です。もちろん弁護士に依頼するなら、口頭でのやり取りも必要です。電話で話す事もあるでしょう。

ただ弁護士と波長が合わない時などは、とても話しづらいと感じられる事があります。それで大きなストレスを抱えてしまうのも、また問題です。

不安な時は弁護士を変更する事も可能

上記のような事情があって、自分が依頼している弁護士に対する不満や不安が生じてしまう事はたまにあります。その場合、無理に1人の弁護士に依頼し続ける必要はありません。状況に応じて変更も検討してみると良いでしょう。

実は弁護士は、自由に変更することも可能なのです。相性があまり良くない時などは、話しやすい弁護士に変更する方がやりやすくなるケースも多々あります。

もちろん変更する以上は、所定の手続きも踏む必要があるのです。費用や手間などを考慮すると、むやみに変更しない方が良いでしょう。

弁護士の変更手続きとその大まかな流れ

変更先の弁護士に受任を依頼する

では弁護士を変更する時の流れはどうなるかと言うと、まずは弁護士探しです。WEBを活用して最適な弁護士を探すと共に、無料相談などで弁護士を慎重に選びます。

変更先の弁護士が決定したら、受任を依頼する事になります。

例えばAさんからBさんに変更したい時は、Bさんにはその旨を伝える訳です。その際、Aさんが担当していた事件を引き受けてほしい旨も伝えます。それでBさんの承諾を得たら、BさんにはAさんの氏名や連絡先などを伝えます。

変更前の弁護士との話し合いから引き継ぎまでの流れ

Bさんと話を済ませたら、今度はAさんとも話す必要があるのです。Bさんに変更したい旨を伝えれば、基本的には快諾してくれます。もしも引き止められた時は、しっかり話し合いを行って、自分の意志が固い事を示す必要があります。いわゆる解任を依頼する事になるのです。

Aさんが解任を了承したら、改めてBさんに着手金を支払います。そして今までAさんが引き受けていた仕事を、Bさんに引き継ぐことになるのです。ただし依頼主は、AさんとBさんとの引き継ぎに立ち会うことはできません。

ですから弁護士に依頼する時の流れは、下記の通りになります。

  1. Bさんに受任依頼
  2. Aさんに解任依頼
  3. Bさんに着手金を支払う
  4. AさんからBさんに引き継ぎをする

特約に加入中なら保険会社に話す

ただ弁護士に相談する時の状況は、とても多彩です。弁護士特約や法テラスなど、色々なパターンがあります。

弁護士特約は、依頼費用に対する保険金が支払われるメリットがあります。自動車保険に加入している方は、その特約に加入している事も多いです。

特約に加入しているなら、まず保険会社に話を通す必要があります。変更後の弁護士に相談する前に、まず保険会社に話さなければなりません。その後の流れは、上記で触れた通りです。

法テラスに話を通してから解任依頼する

法テラスを通じて弁護士に依頼している時も、事前に話を伝える必要があります。そのタイミングですが、解任依頼する直前です。

その際に注意すべきなのは、扶助です。

法テラスのメリットは、国による立て替えです。弁護士に成功報酬などを支払うのが困難な時に立て替えてもらえるのですが、扶助制度は全ての弁護士で利用できる訳ではありません。

費用にも関わってきますし、扶助制度が利用可能な弁護士を探す必要があります。なお法テラスからの弁護士紹介は、最大3回になります。

あわせて読みたい
交通事故で弁護士に相談する8つのタイミングとは
交通事故で弁護士に相談する8つのタイミングとは交通事故で悩んでいる方は、よく弁護士に相談しています。示談交渉も代行してくれますし、事故に関するアドバイスを受ける事もできるので、弁護士に相談するメリットは...

弁護士を変更する際に注意すべき点

良い弁護士に変更すべき

ですから弁護士を変更する事は可能なのですが、注意すべき点もあります。当然ですが、以前よりも良い弁護士に依頼すべきです。上述のBさんが優秀な弁護士であれば良いですが、そうでなければ時間を浪費する事になってしまいます。

現にBさんに変更しても、状況が良くならない事もたまにあるのです。例えばAさんは、事故に関する過失割合を決定していたとします。その過失割合が妥当な数字であれば、たとえBさんに依頼したとしても、更に良い数字になるとは限りません。何ら状況は変わらない事もあります。

第三者の弁護士に相談するセカンドオピニオン

上記の過失割合のような失敗を防ぎたい時は、セカンドオピニオンという方法もあるのです。第三者のCさんという弁護士に相談して、的確な判断を下してもらう方法もあります。

その流れですが、まずはCさんという弁護士との無料相談です。何を相談するかと言うと、Aさんは良い弁護士かどうかの判断です。第三者のCさんに状況を見てもらい、意見を聞いてみるのです。その意見を参考にすれば、後悔してしまうのも防ぎやすくなります。

3-3 弁護士を変更する際の費用の注意点

それと弁護士を変更する時は、費用は要注意です。例えば着手金などは、よく確認すべきです。

弁護士に仕事を任せるのであれば、数万円程度の着手金を支払う必要はあります。2名の弁護士に依頼するなら、2人分の着手金を払うことになってしまうでしょう。ですから変更したい時は、着手金無料の弁護士を選ぶべきです。

また弁護士特約も要注意です。弁護士特約の上限額は300万円ですから、すでに180万円ほど特約で支払われていた時は、残り120万円になってしまいます。

まとめ

ですから弁護士を変更するのは、実はデメリットもあるのです。

状況によっては赤字になってしまう可能性もあるのは、注意を要するでしょう。ですが良い結果に結びつきそうもない時は、無理に弁護士に依頼し続けるのも、ストレスが溜まります。

上記のような流れになるので、2名の弁護士と話す必要はありますが、不安な時は変更も検討してみると良いでしょう。その際、まずはセカンドオピニオンで意見を聞いてみるのがおすすめです。

関連記事

コメント

コメントする

目次