NO IMAGE

後遺障害の1級の慰謝料と増額方法

交通事故の1級は、14段階の後遺障害の中では一番重たい等級になります。それだけに、症状は極めて深刻です。

想像を絶するような症状が見られ、社会生活がほぼ不可能な状態になってしまう事もあります。

一番重たい等級ですから、もちろん慰謝料の金額も一番高くなります。他の等級と同じく、やはり医師の診断書や等級認定がポイントになるでしょう。

金額を考慮すれば、弁護士に相談して申請手続きを進めるべきです。

1級の後遺障害の慰謝料の目安とその症状

1級の後遺障害の金額目安

まず後遺障害の金額ですが、最低でも1,100万円になります。

その具体的な数字は、下記の通りです。

自賠責基準で介護は不要な程度の後遺障害 1,100万円
自賠責基準で介護も常に必要な障害 1,600万円
任意保険基準 1,300万円
裁判所基準 2,800万円

上記のような数字ですから、裁判所と自賠責基準では実に1,700万円以上の差になります。弁護士に依頼すれば裁判所基準が適用されるケースが多いので、法律事務所に相談すべきなのは明らかです。

逸失利益もかなりの金額になります。労働能力喪失率は100%ですし、逸失利益が8,000万円近く支払われた実例もあるのです。

1級の後遺障害はどのような症状があるか

上記のような金額が支払われるだけに、症状は相当深刻です。

過去にはアメリカから帰国した方が交通事故に遭い、下半身が完全に麻痺した上に、坐骨も完全に砕けてしまった実例があります。直腸付近にも深刻な症状が残り、併合で後遺傷害1級であると認定されたのです。常に介護が必要な状態になってしまいました。

またある20代の女性は、交通事故で脳障害やてんかんになってしまい、右眼を摘出せざるを得なくなってしまいました。しかも左半身が麻痺状態になってしまったのです。脳がえぐられてしまい、それこそ生死をさまようレベルの大手術も数回受けています。

それで自賠責基準によると、要介護もしくは介護を要しないパターンがあるでしょう。

1級で介護が必要な状態ですと、下記のような2つの症状が見られます。

  • 神経系統の機能や精神に関する障害が残った
  • 臓器に関わる著しい障害

また介護不要な状態ですと、下記のような障害が見られるとされています。

  • 両眼とも失明
  • 言語と咀嚼機能がなくなった
  • 両方の手足が肘以上で無くなり、両足が膝関節以下で無くなった
  • 手足の用が全廃

実に想像を絶するような状態なので、社会生活もおよそ困難な状態になってしまうでしょう。

1級で適正な慰謝料を支払ってもらうためのポイント

1級の慰謝料の手続きは弁護士を通じた被害者請求がおすすめ

上記のような慰謝料ですし、1級と認められるかどうかがポイントになります。他の等級と比べると、慰謝料の差が非常に大きいのは明らかです。

その後遺障害の認定手続きですが、やはり被害者請求にすべきです。加害者側の保険会社に手続きを全て任せる事は可能ですが、書類を精査する事ができません。自分にとって有利な内容かどうかを確認するためにも、書類は確認しておきたいものです。被害者請求なら、書類を確認できるのです。

被害者請求は、若干面倒ではあります。加害者側の保険会社に任せる訳ではありませんから、手間はあるでしょう。ですが弁護士に依頼すれば、その手続きを代行してもらう事もできます。

1級の診断書に関して弁護士に相談する

また他の等級も同じですが、病院に発行してもらう診断書は軽視できません。その書類に書かれている内容は、とても大切なのです。

肝心な点は、等級認定に必要な情報が書かれているか否かです。内容不足ですと、1級と認められない可能性があります。

交通事故に関する診断書の作成経験があまり無い病院ですと、内容不足になってしまう可能性もあるのです。病院は、慎重に選ぶ方が良いでしょう。

ですが弁護士は、その診断書に関するサポートも行ってくれるのです。一旦は病院に作成してもらった診断書も、弁護士はチェックしてくれます。内容に不備があれば、病院に再作成してもらう事もできるのです。

診断書は等級認定にも大きく関わってきますし、弁護士に相談する方が良いでしょう。

1級で後遺障害の慰謝料が増額された実例

1級で深刻な状態になり慰謝料が総額4,480万円支払われた実例

ところで上記でも少々触れた通り、介護が常に必要な状態になってしまった交通事故の実例もあります。上述の20代の女性なのですが、病院での大手術を6回も受けているのです。しかも、いずれも生死の境をさまよう状態でした。

しかもその20代の女性は、醜状も残ってしまったのです。頭蓋骨が陥没してしまい、すぐに見て分かる醜状障害が残った上に、一歩間違うと死亡する危険さえあります。その女性は服薬も続けているのですが、たまに薬を飲むのを忘れると、脳痙攣の状態になってしまうのです。その上右眼を摘出しているのですから、相当なレベルの症状である事は間違いないでしょう。

では慰謝料はどうなったかというと、下記のような金額が支払われました。

入通院慰謝料 480万円
本人分の後遺障害の慰謝料 3,200万円
両親分の慰謝料 800万円

裁判所基準では2,800万円なので、それよりも400万円高い金額が支払われた形になります。裁判を行うと、このように増額されるケースもあるのです。

色々な状況を考慮し慰謝料が4,128万円支払われた1級の実例

また上述のアメリカから帰国した方はどうなったかというと、下記のような後遺症が残ってしまいました。

  • 脊柱損傷
  • 直腸や膀胱の障害
  • 両方の下半身が完全麻痺
  • 坐骨粉砕

上記のような症状が併合して1級と認定された形になりますが、今後も大手術が数回予定されているのです。しかも排尿する際には、座薬や消炎剤などの薬を毎回使わなければなりません。それを将来的に渡って、継続使用する事になる可能性が大なのです。

なぜ上記のような状態になったかと言うと、あおり運転でした。後続車が10分間にも渡って時速80キロ前後で追いかけ回してきたので、上記の方は運転を間違えてしまったのです。

これらの点を考慮し、慰謝料は下記の金額になりました。

入通院慰謝料 328万円
本人分の後遺障害の慰謝料 3,000万円
両親分の慰謝料 800万円

1級の後遺障害の手続きは弁護士に相談すべき

上記のような状況を弁護士が実証していなければ、慰謝料もっと低い金額になっていた可能性があります。

弁護士のサポートを受けなければ、1級と認められない可能性もあるのです。しかし弁護士に依頼すると、上記のように慰謝料がかなり増額されるケースもあります。

加害者側と示談交渉するハードルも高いですし、やはり弁護士に相談して手続きを進めるのが、一番良いでしょう。

まとめ

上記の点を踏まえると、1級は想像を絶するような症状が見られるのは間違いないでしょう。そこまでのレベルになると、社会生活もおよそ困難です。

適正な金額での慰謝料も欠かせませんが、被害者だけで手続きを進めるハードルは、かなり高くなってしまう傾向があります。

自賠責基準や弁護士基準の数字や、症状の深刻さを実証してくれるメリットを考慮すると、やはり交通事故に強い弁護士に相談する方が良いでしょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!