10級という後遺障害の特徴と慰謝料を増額するポイント

2019 7/03

交通事故で負傷しますと、後遺障害は10級であると認定されるケースがあります。

その等級ですと、主に口周りに関する障害があります。例えば物を飲み込む時の障害や、言語に関する障害が多いです。

保険会社とやり取りすると、慰謝料は200万円ぐらいになるケースが多いです。任意保険基準によると、10級は200万円ぐらいであり、自賠責基準なら187万円目安になります。ただポイントを押さえておけば、増額する事もできます。

目次

10級という等級の症状と弁護士基準

10級の後遺障害はどのような症状が見られるか

10級の後遺障害には、下記のような症状があります。

  • 言語や咀嚼に関する障害
  • 14本以上の歯に対する治療が必要
  • 大声でないと話し声を聞くのは困難
  • 物が二重に見える症状

上記のように口に関する障害がある他に、聴力や視覚に関する障害があるのです。その他にも指の用を廃してしまう症状の他に、指が失われてしまう症状もあります。

現に過去には、交通事故で片目の視力が大きく喪失した実例があるのです。片方の目で見る分には問題ないですが、両方の目で見ると映像が二重に見えてしまう症状を訴えていた方もいます。

そうかと思えば、可動域に関する障害もあります。腕を動かせる範囲が限定されてしまい、仕事に支障が生じてしまうケースもあるのです。

10級の慰謝料の目安額と弁護士基準

上記のような症状がある時の慰謝料は、冒頭で触れた通り200万円目安ではあります。

しかし弁護士に依頼すれば、もっと大きな金額になる実例も多いです。弁護士に相談した時は裁判所基準が適用されますが、10級ですと550万円台になる傾向があります。したがって10級での増額を目指すなら、やはり弁護士に依頼する方が良いでしょう。

なぜ弁護士に任せると慰謝料が高くなるかというと、データや数字や証拠などを元に証明してくれるからです。具体的な実例は後述しますが、弁護士が細かな状況を伝えた結果、賠償額がかなり大きくなった実例が多々あります。

しかし任意保険会社ですと、そのような証拠を揃えてくれるとは限りません。ですから増額を希望するなら、弁護士に任せる方が良いのです。

10級の後遺障害の逸失利益と高くするポイント

10級に関する逸失利益

ところで10級という等級ですと、逸失利益も軽視できません。等級が1つ変わると、かなり数字に差が付くからです。

逸失利益とは、事故がなければ得られる事ができていた筈の利益です。多くの方々は、会社で働いてお金を稼いでいます。問題なく体を動かす事ができれば、労働でお金を稼げる訳です。

ところが交通事故に遭遇すると、もちろん自由に体を動かせなくなってしまう事も多々あります。上述のように物が二重に見えてしまったり、言語に関する障害が生じれば、十分な仕事もできなくなってしまうでしょう。

それで収入が無くなってしまうケースも多々あります。ですから交通事故がなければ、収入は入ってくる筈なのです。その収入は、逸失利益と表現されるのです。

逸失利益は3つの数字から算出できます。具体的には下記の3つです。

  • 年収
  • ライプニッツ係数
  • 27%

上記の2つ目のライプニッツ係数は、簡単に言えば働く事ができる年数を指します。その数字が大きければ、長く働く事ができると見込まれるのです。

もちろん、その数字には個人差があります。年齢が高めな方ですと、長く働くのは難しい事もあります。逆に、若い方なら長く働く事もできるでしょう。

ですから逸失利益にも個人差はあります。ただ10級の場合、利益額は比較的高めです。過去には1,500万円以上は支払われた実例もあります。

10級で逸失利益を高くする為の2つのポイント

この逸失利益を高くするポイントは2つあります。1つ目は証拠や書類を十分揃える事です。

そもそも交通事故で負傷すれば、病院にも通院する事になるでしょう。症状が落ち着くまでは、しばらく病院で治療を受け続ける訳です。

ある程度症状が落ち着いてきたら、病院には診断書を書いてもらう事になります。それは事故の証拠として使えるのです。病院で検査を受けていれば、それも証拠として使えます。

問題は、その証拠の有無です。肝心の証拠が揃っていないと、10級以外の等級で認定されてしまう可能性があります。等級が1つ違うだけで、金額には大きな差が付いてしまうのです。ですから交通事故に関する証拠は、揃える必要があります。

2つ目のポイントは、専門家に対する相談です。自力で証拠を全て揃えようと思っても、基本的には難しいです。病院に依頼すれば診断書は作成してくれますが、必ずしも十分な情報が盛り込まれているとは限りません。事故にあまり詳しくない病院ですと、情報が不十分な事もあります。

できれば交通事故に詳しい病院に相談すべきです。また診断書の内容を自力で判断するのも困難ですし、交通事故に強い弁護士に依頼する方が良いでしょう。

弁護士に相談して増額になった10級の例

弁護士に相談して990万円支払われた10級の実例

実際過去には、弁護士に相談して10級で増額になった実例があります。

上述の看護師の方なのですが、裁判に当たって弁護士に相談していました。そして弁護士は、目の障害は仕事に大きな影響がある事を指摘してくれました。

看護師という職業上、視力が落ちると仕事も難しいと主張された訳です。またその看護師は、結局は仕事を退職せざるを得なくなりましたので、弁護士はそれも主張しました。

複数の点を指摘して主張した結果、結局は990万円が支払われる事になったのです。入通院慰謝料が190万円で、後遺障害の慰謝料が800万円になったので、合計990万円になりました。

加害者の行動を考慮して10級で1,000万円近く支払われた

その他にも、大量の歯の治療を余儀なくされた実例もあります。交通事故で歯が大量に失われてしまったのですが、その上加害者の行動に問題があると見なされたのです。

なぜ事故が起きてしまったかと言うと、前方不注意でした。後ろ側をドアミラーで確認する事に気を取られていて、前を殆ど見ていなかったのです。また加害者は飲酒運転をしていましたし、事故の隠蔽工作まで行っていました。

被害者の弁護士は、上記のような事実を裁判所に伝えて、実証していたのです。その結果、加害者の行動は悪質であると判断されて、最終的には1,000万円近く支払われました。

証拠を十分揃えれば増額は可能

上記の実例から分かる点は色々ありますが、証拠を揃えるのは大切です。弁護士基準であれば550万円ですが、十分な証拠や情報を提示できれば、10級でも1,000万円近く支払われるケースもあるのです。

ただ証拠を自力で揃えるのは困難です。やはり専門家に相談するのが一番無難です。

まとめ

10級は、逸失利益も比較的大きな金額になります。他の等級で認定されてしまいますと、数百万円ほど安くなってしまう可能性もありますから、適切な等級で認定されたいものです。上記のような実例もありますし、やはり証拠は揃えるべきです。

しかし被害者1人で証拠を揃えるのも、色々大変です。基本的には交通事故に強い弁護士に相談した上で、後遺障害の申請手続きを進めると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

コメント

コメントする

目次
弁護士へ慰謝料の相談するなら事故直後がベスト!